調べてみました 介護編

家族を介護することになったら…

突然、家族や身内に介護が必要になったとき、どうしたらいいのでしょう?介護と仕事の両立は大変そうですが、制度やサービスを知ることで、離職せず介護をしながら働くことが可能です。ここでは、介護の基礎的な知識と関連サイトについて紹介します。

介護が必要となったら、何から始めればいいの?

介護サービスを利用するには、「要介護・要支援認定」を受ける必要があります。そのためにはまず「要介護・要支援認定」の申請をしましょう。詳しくは松山市役所介護保険課へお問い合わせください。

要介護・要支援認定ってなんだろう?

要介護・要支援認定は、介護サービスの必要度(どれくらいの期間、介護サービスを受ける必要がある判定は、コンピュータによる一次判定をもとに、介護認定審査会が行う二次判定で行います。従って、その方の病気の重さと要介護度の高さとが必ずしも一致しない場合があります。
詳しくは松山市の各認定区分の記載ページへ。

介護サービスには何があるの?

「在宅」と「施設」で受けられるサービスがあり、それぞれ次のようなサービスがあります。

在宅介護サービス

訪問介護
訪問入浴
訪問看護
訪問リハビリ

施設サービス

介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

上記サービスのほか、住民票のある市町村でのみ利用できる地域密着型サービスもあります。詳しくは厚生労働省 介護事業所・生活関連情報のページ

困ったときは相談しよう

介護認定を受け、介護が始まった。けれども今後どうなるか、いつも不安と隣り合わせになってしまうかもしれません。そんな時は、親族みんなが豊かな生活をおくれるようプロの手を借りましょう。

  • 松山市役所介護保険課
  • 地域包括支援センター
  • 介護に関する相談を行政や関係機関の間をたらい回しにされることなくワンストップで対応してくれる保健師(若しくは経験豊富な看護師)や社会福祉士、主任ケアマネージャーが在籍。地域の人々の健康を守り、生活安定を図ることを目的に必要な援助を行い、保健医療の向上と福祉の増進を包括的に支援します。

  • 松山市の支援センター一覧はこちら

その他

  • 介護保険は、40歳以上のみなさんが加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要になったときには介護サービスが利用できる制度です。詳しくは厚生労働省のページ